消費税増税について

スポンサードリンク

消費税増税について

消費税増税法案が2012年6月26日に衆議院にて可決されいよいよ引き上げられます。

消費税率の引き上げ予定時期はいつなのでしょうか?
平成26年度(2014年)4月に8%

平成31年度(2019年)10月に10%
に引き上がる予定です。

 

 

消費税増税による家計の負担増 試算

 

夫婦のどちらかが働く子ども2人の標準世帯で年収が500万〜550万円の場合

 

消費税率が
8%→年間7万2948円
10%→年間11万9369円
現在より負担が増える試算

 

第一生命経済研究所の試算

 

消費税の逆進性の問題と低所得者への措置

消費税は低所得者ほど負担感が重い逆進性が問題となるようです。

逆進性(ぎゃくしんせい)とは・・・
例えば、消費税率が上がると低所得者ほど収入に対する食料品などの生活必需品購入費の割合が高くなり、高所得者よりも税負担率が大きくなるということ

 

政府は税率8%の時点で、低所得者に現金を配る「簡素な給付措置」を行う方針とのことですが、2013年度時点で金額や対象は未定となっています。

 

その後の対策も所得に応じて減税などを行う「給付付き税額控除」か、生活必需品の税率を低くする「軽減税率」か、結論は出ていません。
所得税や相続税の最高税率引き上げなど、格差是正のための措置も先送りされていますのでまたこちらで決まり次第こちらに情報をのせますね

 

スポンサードリンク