児童手当の現況届の書き方

スポンサードリンク

児童手当の現況届の書き方

児童手当は申請した後、毎年6月に一回現況届というものが送られてきてこれに記入して提出しないとその年児童手当をもらうことができません。

 

児童手当の現況届とは

現況届けとは児童手当を引き続き受給する要件があるかどうかを確認するためのもので、前年の所得の状況と6月1日時点の児童の養育状況等を確認します。
ちゃんとかいて期限までに提出しましょう。

 

児童手当の書き方・記入例

 

大抵の地方自治体では書き方が分かるように説明用紙が同封されていたり、ホームページ上で記入例を公開しています。
自分の自治体のところをみてみましょう。

 

いつの情報を書くのか

その年の6月1日の状況を書きましょう。

 

 

父・母どちらで申請するか(請求者とは)

父母どちらの名前で申請するかですが、
父母が同居の場合、所得が高い方の名前で請求者の欄に記入し手続きしましょう。

 

 

そして、振込先の口座名義や健康保険書も子供の名前でなくその請求者(父母など)です。

 

 

 

良くある現況届けの質問
監護の有無とは

監護とは児童の面倒を見ており、通常必要な監督保護を行っていることです。つまり通常はです。
ちなみに無の場合は手当ては支給されません。

 

生計関係とは

〔生計関係〕とは請求者自身の子どもである場合は「同一」を、それ以外の場合は「維持」を○で囲んでください。
とのことです。

 

  • 「同一」は、子どもが請求者自身の子である場合で、請求者がその子と生計を同じくしているときに○で囲んでください。
  • 「維持」は、子どもが請求者自身の子でない場合で、請求者がその子の生計を維持しているときに○で囲んでください。

 

 

現況届けは若干、自治体によって様式が異なっており記入方法は各自治体のHPにのっていることがほとんどですので確認してください。

スポンサードリンク

児童手当の現況届の書き方関連ページ

児童手当をもらうには申請が必ず必要
児童手当をもらうには申請が必ず必要です。児童手当をもらえる対象者や申請先の情報、手続きについてまとめました。
児童手当 離婚した場合の手続き
離婚して養育者が変わる場合や親権が変わる場合の児童手当ての手続きに関してしらべました。
児童手当 引越しの際の転入・転出手続き
児童手当(子ども手当て)の引越しによる転入・転出時の手続きについてまとめました。