児童手当をもらうには申請が必ず必要

スポンサードリンク

児童手当 申請方法・対象者

児童手当

2014年(平成26年)時点の児童手当では児童手当の申請をしないともらえません。

 

児童手当がもらえる人

「児童手当」は、中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)のお子様を養育している方に支給するものです。

 

以前子ども手当てをもらっていた方は現況届というものが毎年6月に届いていると思います。この現況届を年に1回提出すると児童手当がもらえます。

 

児童手当の現況届とは

現況届けとは児童手当を引き続き受給する要件があるかどうかを確認するためのもので、前年の所得の状況と6月1日時点の児童の養育状況等を確認します。
ちゃんとかいて提出しましょう。

 

新たに赤ちゃんが産まれたり、引越しした場合は児童手当を申請する必要があります。

 

児童手当の申請に必要なもの

 ・請求者の印鑑・通帳・健康保険被保険者証の写し
 ※このほか、必要に応じて所得証明書などほかの書類を提出する必要がある場合も。

 

自治体によって異なりますが上記のものが申請に必要となることが多いようです。

 

どこに申請するか

児童手当は子育て関連の課で自治体によって呼び方は違いますがそこに提出することが多いです。
市役所や区役所などで児童手当を申請したいことを受付で伝えれば該当の部署を紹介してくれるはずです。


スポンサードリンク

児童手当をもらうには申請が必ず必要関連ページ

児童手当の現況届の書き方
新しい児童手当の現況届の書き方についてまとめました。分かりにくいポイントの記入例を紹介しています。
児童手当 離婚した場合の手続き
離婚して養育者が変わる場合や親権が変わる場合の児童手当ての手続きに関してしらべました。
児童手当 引越しの際の転入・転出手続き
児童手当(子ども手当て)の引越しによる転入・転出時の手続きについてまとめました。