子育て世帯臨時特例給付金 平成26年(2014年)

スポンサードリンク

子育て世帯臨時特例給付金について 平成26年度(2014年)

子育て世帯臨時特例給付金についての情報をお届けします。

 

2015年も3000円減額してもらえることになりました。
詳細が分かり次第また追加します

 

以下は2014年の情報です。

 

平成26年度の4月からはじまる消費税増税により子育て世帯に給付される特別手当の【子育て世帯臨時特例給付金】というものが支給されることになりました。

 

分かりやすくいえば児童手当を今までもらっている人は子ども一人につき1回だけ1万円もらえる制度です。

 

この臨時の子供手当て、いろいろ分からないことも多いですよね。この増税の子育て臨時給付金の基準等細かいところをいまから説明しますね。

 

 

 

支給対象者

平成26年1月1日時点ですでに児童手当をもらっている子ども。

 

平成26年1月1日を基準日とします!

 

ただし所得制限世帯はのぞかれます。同じく生活保護を受けてるところももらえません。
また基準日以降に産まれた子どもも対象外です。

 

給付金額

対象児童1人につき1万円

 

もらい方

こちら市町村が中心となって給付手続きがされるのでそれぞれの市町村に問い合わせするのが一番確実です。

 

ただ2月にきまったばかりの制度なのでまだ準備も出来てないところも多いかと思います。

 

詳しくは厚生労働省の公式HPへどうぞ

 

私も調べますので分かり次第追記しますのでお気に入りに入れてお待ちください。

 

 

申請期間について

自治体では6〜7月に申請を受け付ける準備をしているところが多いようです。
私の市でも受け付け体制が整い次第、対象者に分かるように告示するとのことでした。

 

子育て世帯臨時特例給付金の案内・申請

スポンサードリンク

子育て世帯臨時特例給付金 平成26年(2014年)記事一覧

児童手当の現況届が届着始めていると思いますが、やっと子育て世帯臨時特例給付金の案内葉書がうちにもきました。どうやら、児童手当の現況届からおくれて、私の住んでいるところでは2014年7月に増税の子ども手当ての案内と申請書が届くというお知らせの葉書でした。区や市や町によってこの消費税増税による「子育て世帯臨時特例給付金」の申請時期・受け付け時期はかなり違うようですね。子育て世帯臨時特例給付金とは平成2...

子育て世帯臨時特例給付金は所得制限があります。平成25年度中の所得が所得制限対象の世帯で平成26年度の6月からは特例給付の5,000円しかもらえない世帯はこの消費税引き上げによる臨時金「子育て世帯臨時特例給付金」も所得制限があるのでもらえません。逆に平成26年1月分の児童手当・特例給付は5,000円と所得制限だったけれど、平成25年度中の所得がさがり、平成26年6月分からの児童手当(通常の)になっ...